降圧剤

高血圧と食事制限の関連性

現代人が気を付けなければならない体の異変の一つが、「高血圧」です。
血圧の高低は体に大きな影響を与えます。
それだけ、血管とその他抹消にかかる負担が大きくなるためです。

高血圧だと診断された人は、治療のために生活を改善させなければなりませんが、その一つの方法が、「食事制限」です。
普段何気なく行っている「食べる」という習慣が、高血圧に多大な影響を与えているかもしれないからです。
塩分の摂り過ぎ、肉中心の生活、野菜の摂取不足…それら色々な原因が重なり合って、血圧が高くなってしまう原因にもなります。

それらの食習慣を改善させるため、栄養士による食生活の指導が行われることがありますが、まず自分の生活を見直してみて、食べるものの質、量が度を過ぎていないか、きちんとバランスよく栄養を摂取できているか、ということを改めて考えてみることが大切です。
それにより、生活に必要な調整を施すことができるからです。

食卓に出ている肉を何皿か野菜のために取り分けることができるでしょうか。
また、ついついお酒を飲み過ぎたり、高カロリーで塩分の高いおつまみを食べ過ぎていないでしょうか。
些細なところに原因が隠れている場合があります。
命に関わらないうちに、自分の食生活を見直してみましょう。

このページの先頭へ