降圧剤

高血圧と食事

普段肉類ばかり食べている人と、野菜を中心に食べている人、どちらが健康的な生活を送れると思いますか?野菜に偏りすぎるのもいけませんし、肉を中心とした生活も大きなリスクを背負うことになります。
体が必要としているのは、「適切な量を」、「どちらも」だからです。

肉中心の生活をすることは、「高血圧」に伴う様々な病気のリスクを高める危険性があります。
また、高血圧にとって塩分の摂り過ぎにも注意ですし、もちろん食べる量も気を付けなければなりません。

そんな生活を送れない!と考えるでしょうか。
もちろん、完璧にバランスのとれた食習慣を身に着けるのは不可能に近いでしょう。
しかし、自分の欲求のままに、またそれ以上に食べてしまうことに危険があるのは、誰しもが教えられなくても理解できるでしょう。
ですから、わかっていても脂っこい食事を摂り続けている人は、単に問題から逃げて、背負うリスクを考えないようにしているだけなのです。
私たち一人一人が少しずつ生活を改善していくことは可能なのです。

そのために、まず自分の食事にどんな問題点があるかをよく考えて、できればそれを改善することができるでしょう。
自分の体を高血圧から守るために動くのは、やはり自分でしかないからです。


このページの先頭へ