降圧剤

高血圧と降圧剤の関係

脳梗塞や心筋梗塞…それら命に関わる病気を引き起こす一つの原因となっているのが、「高血圧」です。
高血圧は、送り出す血液に対して血管の抵抗が高くなってしまっている状態のことです。
楽に流れるはずの血液が、流れにくい状態です。
そのため、より血管を強くしようとして壁を厚くし、結果的にそれが血流の混濁、血栓などを招いてしまうのです。

一度高血圧と医師から診断された場合は、高血圧の治療と、生活習慣の改善を行う必要が生じます。
このまま生活することにより、より脳梗塞や心筋梗塞などのリスクを高めてしまうからです。
そこで高血圧の人に対して用いられる治療薬が、「降圧剤」です。

普通、高血圧というのは、生活習慣を改善させることによって徐々に快方へと向かわせるものです。
普段の食事が肉中心や脂っこいものばかり、糖分の過剰摂取が高血圧の原因になります。
また、運動不足・喫煙等もその要因の一つです。
それらが改善されなければ根本的な解決にはなりません。

一定の改善が見られない患者に対して行う有効的な治療が降圧剤であり、血圧が高くなることによる弊害を防ぎます。
しかし、やはりそれは根本的な解決にはなっておらず、降圧剤の投与は体や脳への悪い影響を与えることがある、というリスクがあります。


このページの先頭へ